カメラの買取りには

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

以前はカメラで撮影していたけれど、最近では子供が大きくなってしまい撮影しなくなったり、風景を撮るのが趣味だったけどもうやめてしまったなど、様々な理由でカメラで撮影するのをやめてしまった時、カメラの処分を考えます。しかし、カメラの買取りにはどの様なことに気をつけたらよいのでしょうか。

カメラカメラでもレンズでも、買い手があっての買取りです。そのため、古いカメラで本体が傷ついていてもきちんと撮れるのであれば買取りをしてもらえることもあります。更に、一部マニアには古いフィルム一眼レフカメラは、販売から50年以上たった商品であっても骨董品としての価値のあるものがあります。もちろん、デジタルでは出せないフィルムカメラであるからこそ出せる味を求めている愛好家も大勢いるため、ものによっては思わぬ高額で買取りになったということもあり得ます。

しかし、そのような査定になるカメラはやはり一部であるのは確かです。量産品のものであると、その希少性からもそれほどの価格にならないこともよくあります。しかし、もしその買取りに出そうとしていたカメラの中に一眼レフのレンズがあればまたその査定は変わってくることもあります。一眼レフ愛好家の方の中には、カメラ本体よりもレンズの方が多い方もザラです。そのため、実は市場としては本体よりもレンズの方が買取市場も大きくなます。カメラ単体で買取りに出すよりも、レンズももう使う予定がないのであれば一緒に査定してもらう方が、まとめて買取りで多少プラスになる事もあるのでお得に買取りをしてもらえることもあります

このようなカメラの買取りについて、査定のポイント気を付ける点についてこちらでは説明していきます。不要になったカメラを上手に買取りするためのお手伝いになれば幸いです。

Published by