査定のポイント

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

家の整理をしていたら、考えもしない場所からカメラが出てきてしまったら、どの様な処分を考えますか?あまりに古かったら捨ててしまった方が良いのではないかと考える方もいることでしょう。しかし、一眼レフや、フィルムカメラ(銀塩カメラ)、コンパクトデジカメなどの性能が高いものであるのなら、とてももったいないことです。

カメラ本体においてはやはり、その保存状態によりカメラの買取り価格も左右されてしまいますが、使用している限りその状態は多少なりとも傷やへこみなどできてしまう事もあります。しかし、それ以上に重要なことは、正常に動作するかということになります。そのため、使用後にきちんとした保管状況で保存しておくことは重要となります

査定額また、カメラの買取りを行うのであれば、他の商品を買取に出すときもそうであるように付属品も一緒に査定に出すことでその金額も変わってきます。付属品ならば、そのコードや電池、充電器そしてマニュアル程度だとお考えでしょうか?実は保障期限が切れていても保証書、製品の箱までそろっていることが高額査定に繋がります。さらに、そのカメラと一緒に使っていたレンズまで買取に出すことで、考えていた以上の査定額になる事もあります

なぜなら、カメラ本体は古くなり機能も落ちてしまいますが、レンズ単体では性能は落ちないため、濁りやカビなどでレンズなどが痛んでいない状態の良いものであれば思わぬ買取り額になる事もあり得ます。

Published by